産経ニュース

技術流出、日本抜け穴…外為法、個人は想定外 対米関係に影響懸念 軍事転用可能カメラ不正輸出事件

ニュース 社会

記事詳細

更新


技術流出、日本抜け穴…外為法、個人は想定外 対米関係に影響懸念 軍事転用可能カメラ不正輸出事件

 外為法による輸出規制 国際平和維持の観点から、大量破壊兵器や通常兵器の開発・製造に寄与する恐れのある製品や技術を輸出する際、輸出者は原則的に経済産業相の許可を得ることが義務付けられている。規制対象は国際合意に基づいてリスト化されており、武器▽原子力▽先端材料▽コンピューター-など15項目に分類される。製品や技術が規制対象かどうかの判定は専門機関の助言などを受け輸出者側が行う。違反が発覚した場合、輸出者には一定期間の輸出禁止などの行政処分や、刑事処分が科される。

このニュースの写真

  • 技術流出、日本抜け穴…外為法、個人は想定外 対米関係に影響懸念 軍事転用可能カメラ不正輸出事件

関連ニュース

「ニュース」のランキング