産経ニュース

【座間9遺体】神奈川県警5署が捜索関与も最悪事態防げず 「感度を磨くしか」再発防止へ模索

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
神奈川県警5署が捜索関与も最悪事態防げず 「感度を磨くしか」再発防止へ模索

片瀬江ノ島駅。近くの公衆トイレから犠牲者の携帯電話が見つかっていた=藤沢市(内藤怜央撮影) 片瀬江ノ島駅。近くの公衆トイレから犠牲者の携帯電話が見つかっていた=藤沢市(内藤怜央撮影)

 神奈川県座間市内のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件では、県内在住の男女3人に加え、他県警に行方不明者届が出ていた女子高校生2人の計5人について、神奈川県警が捜索に当たっていた。関与した警察署は座間署など5署にのぼるが、いずれも有力な手がかりは得られず、最悪の事態を防ぐことはできなかった。遺体発見から30日で1カ月。県警は史上まれにみる猟奇事件が県内で起きたという結果を重大視する一方、再発防止に向けては模索が続いている。(河野光汰)

携帯電話発見も…

 県警が関わった5人の捜索の経緯は、こうだ。

 事件の最初の犠牲者とみられる厚木市の女性(21)は、8月20日夕方ごろから21日にかけて失踪し、その数日後に藤沢市の小田急線片瀬江ノ島駅近くの公衆トイレ内で携帯電話が見つかっており、個体番号などから女性のものと判明。家族から行方不明者届が出された厚木署や、藤沢署がトイレ周辺の防犯カメラの解析などを進めたが、手がかりはつかめなかった。

 横須賀市の男性(20)の行方不明者届が浦賀署に出されたのは、9月1日。携帯電話の位置情報が海老名駅周辺で確認され、同署員が約20人態勢で捜した。10月18日に行方不明者届が出された横浜市都筑区の女性(25)は、都筑署がJR新横浜駅近くの女性のアルバイト先周辺を捜索。だがいずれもその後の足取りはつかめなかった。

続きを読む

「ニュース」のランキング