産経ニュース

【座間9遺体1カ月】「いつも何かにおびえていた」 白石隆浩容疑者27年の半生 影薄い少年→夜の街で挫折…そして変わった顔つき

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体1カ月】
「いつも何かにおびえていた」 白石隆浩容疑者27年の半生 影薄い少年→夜の街で挫折…そして変わった顔つき

白石隆浩容疑者が一時、身を投じた新宿・歌舞伎町 白石隆浩容疑者が一時、身を投じた新宿・歌舞伎町

 ◇  ◇  ◇

 インターネットの海に探し求めたのは「自殺志願」の投稿だった。8月13日には、ツイッターで知り合った厚木市の女性(21)、横須賀市の男性(20)と公園で夜通し飲み明かした。知り合って間もないこの女性が最初の犠牲者となったとみられる。

 8月22日に現場アパートに入居してから、暗い衝動はエスカレート。SNSで女性を誘い出しては犯行を重ねていったという。存在感が希薄だった学生時代とは対照的な大胆さ。同級生は「驚いたのは顔つきが変わっていたこと。当時と違って妙に自信ありげなのが印象的だった」と話した。

 「女性を斡旋(あっせん)する仕事に就いたことが分岐点になったのでは」とみるのは、犯罪心理に詳しい長谷川博一・こころぎふ臨床心理センター長だ。「女性を誘惑し手引きするという感覚は、受動的で成功体験のないそれまでの半生で味わったことがないものだったのだろう。抑圧してきた負の感情や攻撃性が表れるようになり、殺人へと発展していった可能性がある」と分析している。

このニュースの写真

  • 「いつも何かにおびえていた」 白石隆浩容疑者27年の半生 影薄い少年→夜の街で挫折…そして変わった顔つき
  • 「いつも何かにおびえていた」 白石隆浩容疑者27年の半生 影薄い少年→夜の街で挫折…そして変わった顔つき

「ニュース」のランキング