産経ニュース

【座間9遺体1カ月】「いつも何かにおびえていた」 白石隆浩容疑者27年の半生 影薄い少年→夜の街で挫折…そして変わった顔つき

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体1カ月】
「いつも何かにおびえていた」 白石隆浩容疑者27年の半生 影薄い少年→夜の街で挫折…そして変わった顔つき

白石隆浩容疑者が一時、身を投じた新宿・歌舞伎町 白石隆浩容疑者が一時、身を投じた新宿・歌舞伎町

 神奈川県座間市のアパート一室から9人の遺体が見つかった事件は30日、発覚から1カ月が過ぎた。警視庁高尾署捜査本部は9人のうち1人の殺人容疑で再逮捕した白石隆浩容疑者(27)の捜査を本格化させているが、今後の焦点は動機の解明に移るとみられる。少年時代、周囲から「影が薄い」と評された白石容疑者。夜の街でも行き場所をなくし、最後に流れ着いたのが9人の遺体と暮らした現場アパートだった。何が凶行に走らせたのか。27年の半生を追った。

 「いつも何かにおびえていた」。小中学校で同級生だった男性会社員(27)は当時の印象をこう振り返る。関係者によると、白石容疑者は平成6年ごろ、自動車関連の仕事をする父親と母親、妹とともに座間市の一軒家に移り住んだ。同級生は「影が薄い子だった」と口をそろえる。

 横浜市内の県立高校を卒業後は、大手スーパーに就職。目立ったトラブルはなかったが、23年10月、「自己都合」で退職してから、人生の軌道は乱れ始める。海老名市のパチンコ店など、神奈川県内でいくつかの職を転々とした末にたどり着いたのが、ネオンきらめく繁華街だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「いつも何かにおびえていた」 白石隆浩容疑者27年の半生 影薄い少年→夜の街で挫折…そして変わった顔つき
  • 「いつも何かにおびえていた」 白石隆浩容疑者27年の半生 影薄い少年→夜の街で挫折…そして変わった顔つき

「ニュース」のランキング