産経ニュース

【座間9遺体】埼玉県教育局、児童・生徒らにネットへの注意促す 文書を配信へ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
埼玉県教育局、児童・生徒らにネットへの注意促す 文書を配信へ

 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件を受け、埼玉県教育局が12月に公立の小中高の児童・生徒や保護者にインターネットを通じて知らない人に会う危険性を伝える文書を出すことが28日、分かった。同事件では、ツイッターが悪用された。県内でも県立高校に通う女子生徒が犠牲になっており、県教育局はSNS(会員制交流サイト)を使った犯罪に警戒するよう注意を呼びかける。

 県教育局生徒指導課は平成26年度から、各市町村の教育委員会や県内の高校向けにネットトラブルを未然に防ぐため、月1回、「ネットトラブル注意報」を出している。ネット上の迷惑行為対策が中心だが、12月は同事件を受け、ネットを通じて知らない人に会う危険性をテーマにすることを決めた。

 SNSを悪用した具体的な事例などを紹介する予定。通常、同注意報は生徒と保護者向けの文書が同じ内容となっているが、12月は内容を変えて配信するという。

 県教育局は「生徒や保護者に文書が行き渡るよう徹底させたい」と話している。

「ニュース」のランキング