産経ニュース

国が廃棄した赤外線カメラを不正輸出、中国人留学生を書類送検 中国の軍事関連企業に渡る?

ニュース 社会

記事詳細

更新


国が廃棄した赤外線カメラを不正輸出、中国人留学生を書類送検 中国の軍事関連企業に渡る?

不正輸出された疑いがあるものと同型の赤外線カメラ(警視庁提供) 不正輸出された疑いがあるものと同型の赤外線カメラ(警視庁提供)

 軍事転用が可能で輸出が規制されている米国製の赤外線カメラ装置を日本国内のインターネットオークションで落札し、中国に不正に転売・輸出したとして、警視庁公安部や東京税関などは24日、外為法違反(無許可輸出)の疑いで、東京都足立区の中国人留学生の男(22)を書類送検した。容疑を認めているという。背後関係は確認されておらず、公安部は金銭目的だったとみている。

 関係者によると、カメラ装置は国土交通省の災害用ヘリに搭載されていたもので、価格は5千~7千万円。新たなカメラ装置の導入に伴い、平成27年9月に廃棄処理が決まり、三菱電機(東京)が廃棄処理事業を受注した。しかし実際に廃棄処理を請け負った2次下請け業者が廃棄せずに別業者に転売。この業者がオークションに出品した。

 これを中国人留学生が約55万円で落札し、中国在住の軍事関連企業に勤務する男性に約250万円で販売。成田空港から輸出した。既にカメラ装置は中国側に渡っており、所在は不明という。

 送検容疑は28年5月28日、カメラ装置を経済産業相の許可を得ないで不正に輸出したとしている。

「ニュース」のランキング