産経ニュース

【座間9遺体】死因・物証・精神鑑定…残る8人の捜査長期化か 凶行の闇、立件に壁

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
死因・物証・精神鑑定…残る8人の捜査長期化か 凶行の闇、立件に壁

白石隆浩容疑者のアパート近くに手向けられた花束の中には、被害者に向けたと思われるメッセージも=20日午前、神奈川県座間市(寺河内美奈撮影) 白石隆浩容疑者のアパート近くに手向けられた花束の中には、被害者に向けたと思われるメッセージも=20日午前、神奈川県座間市(寺河内美奈撮影)

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件は20日、警視庁高尾署捜査本部が白石隆浩容疑者(27)を東京都八王子市の田村愛子さん(23)への殺人容疑で再逮捕し、新局面を迎えた。捜査本部は今後、残る8人への殺人や死体遺棄容疑で立件を目指すが、死因特定の難しさや物証の乏しさが立ちはだかる。起訴前には精神鑑定が実施される可能性もあり、起訴・公判に向けた事件の全容解明には越えるべきハードルは多く、捜査は長期化する見通しだ。

 捜査関係者はこの事件の焦点を「被害者全員について殺人罪で立件できるか否かだ」と指摘する。

 白石容疑者は自殺願望などをツイッターに書き込んでいた被害者らを巧みに誘い出し、犯行に及んでいたとされる。調べに「自殺を本当に望む被害者や殺害に同意した被害者はいなかった」などと話し、殺人罪より刑の軽い嘱託殺人罪や自殺幇助(ほうじょ)罪を否定している。

 ただ「動機は話したくない」と供述するなど、全面自白には至っていない。供述が揺れ動いている部分もあるとされ、供述の慎重な裏付けが必要となる。

続きを読む

「ニュース」のランキング