産経ニュース

【横綱・日馬富士暴行】「いったん締めたはずの『たが』緩んでいる」漫画家・やくみつるさん

ニュース 社会

記事詳細

更新

【横綱・日馬富士暴行】
「いったん締めたはずの『たが』緩んでいる」漫画家・やくみつるさん

稽古場から部屋に戻るとき報道陣に囲まれる日馬富士=福岡県・太宰府天満宮(撮影・中島信生) 稽古場から部屋に戻るとき報道陣に囲まれる日馬富士=福岡県・太宰府天満宮(撮影・中島信生)

 元相撲協会外部委員で漫画家のやくみつるさん「前時代的な指導をやめる機運は十分過ぎるくらいあったが、大相撲が活況になる中、いったん締めたはずの『たが』が再び緩み始めている。事実関係が確認されれば、日馬富士関本人は引退を含めた重い責任を負うべきだ。親方や日本相撲協会も、これまで何をどこまで把握していたのか、ごまかさずに説明しないといけない」

このニュースの写真

  • 「いったん締めたはずの『たが』緩んでいる」漫画家・やくみつるさん

「ニュース」のランキング