産経ニュース

韓国国政介入事件で相次ぎ控訴審判決 名門女子大裏口入学では崔順実被告に懲役3年

ニュース 社会

記事詳細

更新


韓国国政介入事件で相次ぎ控訴審判決 名門女子大裏口入学では崔順実被告に懲役3年

16日、韓国の憲法裁判所に出廷した崔順実被告(中央)=ソウル(共同) 16日、韓国の憲法裁判所に出廷した崔順実被告(中央)=ソウル(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国前大統領、朴槿恵被告=収賄罪などで公判中=の友人、崔順実被告の国政介入事件に絡む控訴審判決が14日、ソウル高裁で相次ぎあった。

 崔被告の娘を名門の梨花女子大に不正入学させた事件では、高裁は「公平性に対する信頼を無にした」として、1審と同じく、業務妨害罪などに問われた崔被告に懲役3年、当時の大学総長の崔京姫被告と学部長に同2年を言い渡した。教授ら6人も1審同様、有罪となった。

 また、サムスングループから朴被告への贈賄事件で、サムスン傘下企業の合併が有利に運ぶよう国民年金公団に圧力をかけたとして、職権乱用罪などに問われた当時の保健福祉相、文亨杓被告と、公団幹部に1審と同じ懲役2年6月を言い渡した。高裁は、朴被告の指示が背後にあったとの判断を示した。

「ニュース」のランキング