産経ニュース

電車内で女子高生の下半身触る 逃走時に駅員にひじ打ちも 容疑の35歳の警視庁巡査長を逮捕

ニュース 社会

記事詳細

更新


電車内で女子高生の下半身触る 逃走時に駅員にひじ打ちも 容疑の35歳の警視庁巡査長を逮捕

警視庁本庁舎玄関=2月21日、東京都千代田区(春名中撮影) 警視庁本庁舎玄関=2月21日、東京都千代田区(春名中撮影)

 通勤中の電車内で女子高生の体を触ったなどとして、警視庁は13日、強制わいせつの現行犯で、同庁公安総務課の巡査長、蛇塚元太容疑者(35)=さいたま市南区内谷=を逮捕した。容疑をおおむね認めているという。

 逮捕容疑は、同日午前8時ごろ、JR埼京線の電車内で、乗り合わせた都内の高校に通う10代の女子生徒のスカート内に手を入れ、体を触るなどしたとしている。女子生徒が蛇塚容疑者を取り押さえ、赤羽駅で駅員に引き渡した。蛇塚容疑者は、逃走を防ごうとした男性駅員の顔にひじ打ちをしており、今後、暴行や傷害の容疑でも調べる。

 警視庁の筒井洋樹警務部参事官は「職員の逮捕は遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とした。

「ニュース」のランキング