産経ニュース

【座間9遺体】千葉・森田健作知事「現代は生の交流が薄くなりつつある。『砂漠化』といえばいいだろうか」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
千葉・森田健作知事「現代は生の交流が薄くなりつつある。『砂漠化』といえばいいだろうか」

森田健作知事=9月7日、千葉県庁(中辻健太郎撮影) 森田健作知事=9月7日、千葉県庁(中辻健太郎撮影)

 神奈川県座間市で若い男女の9遺体が発見された痛ましい事件。森田健作知事は「まだ若い、将来のある方々が巻き込まれたことは大変残念。肉親の方々には計り知れない思いがあるだろう。二度とあってはならない」と語気を強めた。

 被害者らは、SNSのツイッターを通じて容疑者の男と知り合ったとされる。政府はツイッターの規制も検討し、再発防止策を図るとしている。「インターネットは人類が生み出した文明の利器。便利だが、言葉での交流しかないネットを悪用した事件や問題も絶えない。そういった悲劇が起きないようにするのも人類の責任だ」と話す。

 千葉県では、自殺の相談窓口を設けるなど対策を進めている。「貧しくても情があった昔と比べ、現代は生の交流が薄くなりつつある気がする。『砂漠化』といえばいいだろうか。声を掛け合い、命を救えるようにせねばならない」

「ニュース」のランキング