産経ニュース

【座間9遺体】神奈川県横須賀市・西中匠吾さん 介護とバンド活動を両立

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
神奈川県横須賀市・西中匠吾さん 介護とバンド活動を両立

神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件の被害者で、同県横須賀市の西中匠吾さん(20)=ツイッターから 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件の被害者で、同県横須賀市の西中匠吾さん(20)=ツイッターから

 「好きなことをとことんつきつめるタイプ」。介護施設に勤める傍ら、ロックバンドのメンバーとして活動していた神奈川県横須賀市の西中匠吾さん(20)を、小学校時代の恩師はそう評していた。

 市内の県立高校の福祉科を卒業後、介護施設に就職。同校校長の男性は「人を世話するのに向いていた子だった」と振り返る。一方、高1の秋から現代音楽部に所属し、ギターを担いで自転車で走り回った。ライブハウスにも顔を出すようになり、ロックバンドのベース担当として加入。失踪3日前の8月26日には、大阪市内でのライブを成功させたばかりだった。

 ライブ直前の8月24日夜にも、音楽スタジオで1人練習を重ねていた。ライブハウスを経営する男性(57)は「『今度は海外でのライブもあるんだ』とうれしそうに話していたのに…」と肩を落とした。

関連ニュース

「ニュース」のランキング