産経ニュース

【座間9遺体】埼玉の女子高生ら女性6人の身元特定へ手がかり 身分証など発見

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
埼玉の女子高生ら女性6人の身元特定へ手がかり 身分証など発見

白石隆浩容疑者が住んでいたアパートの1階入り口付近にも黒いシートがはられた=2日午後、神奈川県座間市(寺河内美奈撮影) 白石隆浩容疑者が住んでいたアパートの1階入り口付近にも黒いシートがはられた=2日午後、神奈川県座間市(寺河内美奈撮影)

 神奈川県座間市のアパート一室から9人の切断遺体が見つかり、死体遺棄容疑で白石隆浩容疑者(27)が逮捕された事件で、女性6人の身元特定につながる有力な手がかりが得られたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。6人の中には行方不明になっている東京都八王子市の女性(23)と埼玉県の女子高生が含まれるという。

 6人のうち5人は部屋から身分証やキャッシュカードが見つかった。もう1人は携帯電話の微弱な電波がとらえられたといい、警視庁高尾署捜査本部はDNA型鑑定するなどして、身元の特定を急いでいる。

 白石容疑者が「部屋に入れた何人かには酒や睡眠薬を飲ませて、リラックスさせたところを襲った」などと説明していることも判明した。部屋からは睡眠薬が見つかった。

 捜査関係者によると、白石容疑者は被害者らの所持品を「ごみとして捨てた」などと話していた。だが現場検証の結果、室内から女性のものとみられる診察券やキャッシュカード、ICカードなど身元特定につながる5人分の所持品が見つかった。女性もののバッグや靴なども複数見つかったという。

 また、捜査本部が8月下旬以降に首都圏で行方不明になっている10~20代の女性の携帯電話の記録などを調べたところ、白石容疑者の自宅周辺で消息が途絶えている人が2人いることも判明。このうち1人は身分証などの所有者と一致し、もう1人は埼玉県の女子高生だった。

「ニュース」のランキング