産経ニュース

【座間9遺体】白石容疑者、豊富な自殺知識も投稿 ツイッターで「力になりたい」誘い巧妙

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
白石容疑者、豊富な自殺知識も投稿 ツイッターで「力になりたい」誘い巧妙

白石隆浩容疑者がSNSを通じて知人女性に送った自身の画像 白石隆浩容疑者がSNSを通じて知人女性に送った自身の画像

 「死にたい」のアカウントでは《消えてしまいたい 全部忘れたい》(8月25日)、《忘れたい 死にたい》(9月20日)などと吐露。これらの投稿は、白石容疑者と接触後に行方不明となった東京都八王子市の女性(23)が閲覧していた形跡も残っていた。

 一方、「首吊り士」では《もし、どうにもならなかったら言ってください お力になります》(10月1日)、《つらさに直面している時にすぐ死ぬべき》(同月3日)など自殺を後押しする投稿が目立つ。

 《自殺する前に友人、家族、SNSにこれから死にますや今までありがとうなど連絡を入れるのはNG》(同月6日)、《苦しむ時間で比べるなら首吊りのほうが短い》(同月14日)などと、自身の“自殺知識”をアピールし、具体的な自殺方法にも言及していた。

 ■犯行と重なる頻度

 9人の殺害時期を「8月に1人、9月に4人、10月に4人」と供述しているという白石容疑者。エスカレートする犯行に比例するように、投稿頻度は増え、内容もより具体的になっていることがうかがえた。

続きを読む

「ニュース」のランキング