産経ニュース

【座間9人遺体】白石隆浩容疑者、無料通信アプリも駆使か LINEで個別やりとり

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9人遺体】
白石隆浩容疑者、無料通信アプリも駆使か LINEで個別やりとり

白石隆浩容疑者が「首吊り士」のアカウントで自殺志願者と連絡を取っていたツイッターの画面 白石隆浩容疑者が「首吊り士」のアカウントで自殺志願者と連絡を取っていたツイッターの画面

 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が、複数が閲覧できる会員制交流サイト(SNS)のツイッターで自殺願望がある女性と連絡を取った後、個別に交流ができる無料通信アプリのカカオトークやLINE(ライン)でやりとりを重ねていた疑いがあることが2日、捜査関係者らへの取材で分かった。

 白石容疑者はツイッターで「首吊り士」など複数のアカウントを所持し、別人を装って使い分けていたとみられることが既に判明。警視庁高尾署捜査本部は、SNSなどのインターネットツールを駆使して女性を自宅に誘い出し、殺害を繰り返していたとみて、スマートフォンの解析などを進める。

 ツイッターでは「#」を付けた単語をハッシュタグと呼ぶ。これを付けて投稿すると、ほかの利用者がキーワードとして検索や閲覧がしやすくなる。捜査関係者によると、白石容疑者はこの機能を利用し、自殺志願の女性を物色するため「#自殺」で検索したり、投稿したりしていた可能性がある。

このニュースの写真

  • 白石隆浩容疑者、無料通信アプリも駆使か LINEで個別やりとり

「ニュース」のランキング