産経ニュース

【座間9遺体】白石隆浩容疑者のアカウントは「首吊り士」 9月開設「本当につらい方の力になりたい」 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
白石隆浩容疑者のアカウントは「首吊り士」 9月開設「本当につらい方の力になりたい」 

白石隆浩容疑者が「首吊り士」のアカウントで自殺志願者と連絡を取っていたツイッターの画面 白石隆浩容疑者が「首吊り士」のアカウントで自殺志願者と連絡を取っていたツイッターの画面

 神奈川県座間市のアパート一室から9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩(たかひろ)容疑者(27)がツイッターで、「首吊り士」などの複数のアカウントで自殺志願者と連絡を取っていたと説明していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 白石容疑者はツイッターで自殺願望のある女性らに「一緒に死のう」などと送信し、自殺を手伝う名目で被害者を自宅に招き入れ、殺害した可能性がある。

 「首吊り士」のアカウントは9月に開設。「首吊りの知識を広めたい。本当につらい方の力になりたい」などと記載されていたほか、「自殺する前に友人、家族、SNSにこれから死にますなど連絡を入れるのはNG」などと周囲への連絡を禁じるような投稿もあった。

 一方、警視庁が遺体を司法解剖した結果、9人の死因は分からなかったが、一部の遺体の首の前部の骨が折れていたほか、窒息した場合などに生じる出血点が確認された。「気絶させるために首を絞め、殺害した」という白石容疑者の供述と一致することから、捜査本部は殺害への関与を裏付ける重要な所見の一つとみて解析を進めている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 白石隆浩容疑者のアカウントは「首吊り士」 9月開設「本当につらい方の力になりたい」 

「ニュース」のランキング