産経ニュース

【座間9遺体】アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間9遺体】
アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく

 神奈川県座間市の住宅街にあるアパートの一室。10月30日、踏み込んだ捜査員は異様な場面に直面し、言葉を失った。約10日前から行方が分からない東京都八王子市の女性(23)をめぐる捜査。「どこにいる」との問い掛けに、白石隆浩容疑者(27)は「この中」といった趣旨の返答をし、クーラーボックスを指さす。開けた捜査員が目にしたのは、ネコのトイレ用の砂の中にある切断された2人の頭部だった。

 「まるでドラマの世界だ」と捜査員。その後、狭い部屋に置かれた他の箱から7人の頭部が見つかった。「9人もの遺体の首だけを残すなんて常識では考えられない」

 白石容疑者について、ある捜査関係者は「取り調べには素直な様子で応じ、罪と向かい合おうという意思も感じる」。だが、謝罪の言葉などはないという。警視庁捜査本部は、DNA型鑑定などで被害者の身元確認を進める構えだが、遺体は損傷が激しく難航も予想される。捜査関係者は「被害者の数を考えると、何が出てくるか分からない恐ろしさを感じる」とつぶやく。

このニュースの写真

  • アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく
  • アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく
  • アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく
  • アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく
  • アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく
  • アパートに足を踏み入れた捜査員は異様さに絶句した「ドラマの世界だ」 容疑者から謝罪なく

「ニュース」のランキング