産経ニュース

【座間複数遺体】SNS、新たな「自殺サイト」に? ツイッター上に多数の関連投稿

ニュース 社会

記事詳細

更新

【座間複数遺体】
SNS、新たな「自殺サイト」に? ツイッター上に多数の関連投稿

複数の切断遺体が見つかった神奈川県座間市のアパート=31日 複数の切断遺体が見つかった神奈川県座間市のアパート=31日

 自殺サイトは、インターネット上で自殺相手を募ったり、自殺の手段を教え合ったりする場として利用されてきたが、サイトで知り合った人が集団自殺する事例や嘱託殺人事件などが頻発。平成17年には、自殺サイトに投稿した神戸市の男子中学生=当時(14)=ら男女3人が殺害される連続殺人事件も起きた。

 事態を重く見た国やプロバイダー事業者は、緊急性が高いとみられる書き込みがあった場合、警察が即座に介入し、発信者情報の開示などを求められるようにするガイドラインを策定。こうした規制強化を受け、多くの自殺サイトが閉鎖されたり、利用者が減ったりしたとされる。

 ツイッター日本法人は、自殺サイトのように一部で使われている現状について「とても残念だ」とする一方、自殺関連の投稿は「単に削除すればよいという問題ではないとも考えている」と回答。自殺関連の投稿が見つかった場合は専門のNPO法人などに連絡し、支援がなされる態勢を構築していると説明した。

「ニュース」のランキング