産経ニュース

Tシャツで百人超かぶれ インク会社社員ら書類送検

ニュース 社会

記事詳細

更新


Tシャツで百人超かぶれ インク会社社員ら書類送検

 神奈川県茅ケ崎市で昨年9月、スポーツ大会で配られたTシャツを着た参加者100人超の皮膚がかぶれるなどした事故があり、県警は12日、シャツのプリントに使う薬品の安全対策をせずに販売したとして業務上過失傷害の疑いで、京都市のインク販売会社「松井色素化学工業所」の男性元役員(67)=大津市=と男性社員(35)=京都市=を書類送検した。

 書類送検容疑は、人体への安全性を確認せず、殺菌や消毒に使用する薬品を販売し、Tシャツを着た107人に重軽傷を負わせた疑い。被害者の中には入院した人もいたという。

 茅ケ崎署によると、薬品はプリントの発色をよくする「前処理剤」で、同社は成分情報を明らかにせずに衣類プリント会社に販売していた。男性社員が開発担当者で、元役員が販売を許可した。

 松井色素化学工業所は「安全確認が足りず、被害者や大会の運営者に心からおわびしたい」としている。

「ニュース」のランキング