産経ニュース

「車運転していたら女性見つけた」 川崎通り魔 犯行前に物色か

ニュース 社会

記事詳細

更新


「車運転していたら女性見つけた」 川崎通り魔 犯行前に物色か

 川崎市内のトンネルで平成18年9月、近くに住む黒沼由理さん=当時(27)=が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された無職、鈴木洋一容疑者(37)が逮捕前の任意聴取に「事件を起こそうと思って車を運転していたら、女性を見つけた」という趣旨の説明をしていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 現場周辺の防犯カメラに鈴木容疑者の車が写っており、神奈川県警宮前署捜査本部は犯行を裏付ける状況証拠の一つとみている。

 捜査関係者によると、現場周辺には鈴木容疑者が所有する靴と特徴がよく似た足跡も残されていた。鈴木容疑者は「(黒沼さんは)携帯電話を見ていた」などと話しており、トンネル付近で車を降りて歩いて近づき、いきなり回り込んで襲った疑いが強いという。

 捜査本部は同日、殺人容疑で鈴木容疑者を横浜地検に送検した。

「ニュース」のランキング