産経ニュース

【主張】神鋼アルミ不正 技術者の良心は消えたか

ニュース 社会

記事詳細

更新

【主張】
神鋼アルミ不正 技術者の良心は消えたか

 日本の製造業への信頼を根底から揺るがす行為である。極めて深刻な事態と受け止め、官民挙げて対応を急がなければならない。

 金属大手の神戸製鋼所がアルミと銅製品の性能データを改竄(かいざん)していた。これを工場の幹部らも黙認し、10年以上前から組織ぐるみの不正が横行していた。

 出荷先はロケットから新幹線、自動車、防衛産業まで幅広い範囲に及ぶ。何より早急な安全確認が欠かせない。

 製品を購入した各社は耐久性能など安全性の点検を急ぎ、問題があればリコール(回収・無償修理)を急ぐべきだ。

 主力のアルミや銅製品の一部で、契約で決められた強度や寸法などを偽り、約200社に出荷していた。品質の偽装に加え、検査回数も減らしていた。

 国が定める基準は満たしていると説明するが、言い訳にはならないし、鵜呑(うの)みにもできない。

 工場の管理職も不正を把握しながら、納期を守るため見過ごしてきたという。業界では、まがいものを出荷することも、納期を守る範疇(はんちゅう)に入れているのだろうか。

続きを読む

「ニュース」のランキング