産経ニュース

医療機関予約システムに不正アクセス 最大60万人の情報流出か

ニュース 社会

記事詳細

更新


医療機関予約システムに不正アクセス 最大60万人の情報流出か

 医薬品、医療機器卸売りなどを手掛けるほくやく・竹山ホールディングス(北海道札幌市)は11日、子会社のアドウイックが運営する医療機関予約システムのサーバーに不正アクセスがあり、最大で約60万人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。

 アドウイックなどによると、昨年7月から今年10月10日までにインターネット予約システム「シマフクロウ・シリーズ」を利用した人の氏名、電話番号、メールアドレス、受診医療機関名、診察券番号などが流出した恐れがある。北海道を中心とした9道府県の約80の医療機関がシステムを導入。情報を悪用した被害は確認されていないという。

 システムは、ネットを通じて受診の申し込みをする。受診時間が近づくと携帯電話に通知が来るなどして、医療機関での待ち時間を短縮できる。

 ほくやく・竹山ホールディングスは、札幌・中央署に被害を届け、「セキュリティーを強化し、安全性の確保に努める」とした。

「ニュース」のランキング