産経ニュース

東名の事故誘発疑いで逮捕の男 「あおられ停車した」と虚偽の説明をしていた

ニュース 社会

記事詳細

更新


東名の事故誘発疑いで逮捕の男 「あおられ停車した」と虚偽の説明をしていた

移送のため福岡空港署に到着した石橋和歩容疑者 =10日午後4時15分 移送のため福岡空港署に到着した石橋和歩容疑者 =10日午後4時15分

 神奈川県大井町の東名高速道路で6月、大型トラックがワゴン車に追突し静岡市の夫婦が死亡した事故で、夫婦のワゴン車の前に停車して事故を誘発したとして逮捕された石橋和歩容疑者(25)=福岡県中間市=が、神奈川県警の任意聴取に「夫婦にあおられたり、パッシングされたりしたため停車した」と虚偽の説明をしていたことが11日、分かった。

 県警によると、死亡した自動車整備業、萩山嘉久さん(45)、妻、友香さん(39)と同乗していた娘は「注意をしたら追いかけられ、何回も進路をふさがれて停車させられた」と説明。証言が食い違ったことから県警は、現場を通行していた車260台以上を割り出し、目撃情報やドライブレコーダーなどを集めた。

 その結果、石橋容疑者の証言が違うと判断し、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑などでの逮捕に踏み切った。

このニュースの写真

  • 東名の事故誘発疑いで逮捕の男 「あおられ停車した」と虚偽の説明をしていた

関連ニュース

「ニュース」のランキング