産経ニュース

溝の口駅ホーム突き落とし 川崎市内在住の男を殺人未遂容疑で逮捕へ 

ニュース 社会

記事詳細

更新


溝の口駅ホーム突き落とし 川崎市内在住の男を殺人未遂容疑で逮捕へ 

 川崎市高津区の東急田園都市線溝の口駅でホームにいた会社員の男性(45)が何者かに線路上に突き落とされた事件で、神奈川県警が近く殺人未遂容疑で、同市内に住む男を逮捕する方針を固めたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。男は20代後半とみられ、精神疾患があるといい、県警は刑事責任能力の有無も含めて詳しい経緯などを調べる。

 捜査関係者によると、男は1日午前8時ごろ、同駅の上りホームで、同区在住の男性に体当たりして線路上に突き落とし、殺害しようとした疑いが持たれている。男性は自力ではい上がり、けがはなかった。

 同8時15分ごろに駅員が110番通報して発覚。ホームの防犯カメラには、長袖のTシャツに黒っぽいズボン姿の男が後ろから小走りで男性に体当たりし、走り去る様子が写っていた。その後、駅の南口改札を通り抜けて構外に出ていく様子も確認された。

 捜査関係者によると、駅周辺の街頭の防犯カメラ画像などから、男の自宅が同市内にあることが判明。男は事件後も同駅を訪れていた。男性は男と面識がなく、直前に口論などのトラブルもなかった。男性は県警の調べに「無言のまま、いきなり押された」などと説明していた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング