産経ニュース

【ラスベガス銃乱射】容疑者はギャンブル好き元会計士 「一匹おおかみ」型の犯行、謎の動機

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ラスベガス銃乱射】
容疑者はギャンブル好き元会計士 「一匹おおかみ」型の犯行、謎の動機

スティーブン・パドック容疑者(AP) スティーブン・パドック容疑者(AP)

 ギャンブル好きの資産家で家族思い…。米西部ラスベガスで銃乱射事件を起こし、自殺したスティーブン・パドック容疑者をめぐる人物像からは、同国史上最悪の凶行を引き起こした動機を直接うかがうことができない。何が容疑者を周到な計画に駆り立てたのか。国際テロ組織との関わりも薄いとみられる中、捜査は動機の謎にどこまで迫れるかが焦点となりそうだ。

 南部フロリダ州の自宅前でメディアの取材に応じたパドック容疑者の弟、エリックさんは「彼は裕福だった。私たちが知る限り、兄は全く素晴らしい人だった」と証言。不動産投資で成功した元会計士で特別の前科もない。ギャンブルで大金をかけ、クルージングを楽しんでいたといい、2015年にラスベガスから約130キロ離れたメスキートに36万9千ドル(約4170万円)で住宅を購入し、フロリダから移り住んだ。

 フロリダ州を直撃したハリケーン「イルマ」の影響を心配して、母親の様子を尋ねるメッセージをエリックさんに送ったり、母親を気遣って歩行器をプレゼントする優しい面もあった。

 一方で家族関係は複雑だったようだ。少なくとも2回離婚歴があり、現在交際している女性は2010~13年にネバダ州のカジノでホステスとして勤務していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング