産経ニュース

医師が女性暴行 被告に懲役4年6月求刑 「女性は誰かに姦淫された記憶しかない」と弁護側は無罪主張 さいたま地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


医師が女性暴行 被告に懲役4年6月求刑 「女性は誰かに姦淫された記憶しかない」と弁護側は無罪主張 さいたま地裁

 酒に酔った女性を暴行したとして、準強姦罪に問われた医師、松岡芳春被告(32)の論告求刑公判が27日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)であり、検察側は「計画的で悪質」として懲役4年6月を求刑、弁護側は無罪を主張し結審した。判決は10月26日。

 論告で検察側は「被告らが飲み会前から、女性に罰ゲームとしてアルコールを飲ませて酔わせ、性的行為に及ぼうとしていたことは明らか」と指摘した。

 弁護側は「女性はどこかで誰かに姦淫されたという記憶しかない。真犯人を(松岡被告と)誤って覚えている可能性がある」などと主張。女性が示談を望んでいたとして、公訴棄却を求めた。

 論告によると、松岡被告は昨年8月26~27日、東京都大田区のマンションの一室で、20代女性を泥酔させ、隠し部屋に連れ込んで暴行したとしている。

「ニュース」のランキング