産経ニュース

【電通初公判】電通社長「社長として責任。心からおわび」 初公判で起訴内容認め、謝罪 罰金50万円求刑

ニュース 社会

記事詳細

更新

【電通初公判】
電通社長「社長として責任。心からおわび」 初公判で起訴内容認め、謝罪 罰金50万円求刑

初公判に出廷した山本敏博社長(イラストと構成・勝山展年、共同) 初公判に出廷した山本敏博社長(イラストと構成・勝山展年、共同)

 新入社員の過労自殺に端を発した大手広告会社の電通(東京)の違法残業事件で、労働基準法違反罪に問われた法人としての同社の初公判が22日、東京簡裁(菊地努裁判官)で開かれた。会社の代表として出廷した山本敏博社長は起訴内容を認め、「社長として責任を感じており、関係者に心からおわび申し上げる」謝罪した。検察側は罰金50万円を求刑した。

 起訴状によると、電通は過労自殺した新入社員の高橋まつりさん=当時(24)=ら社員4人に対し、電通本社の労使協定(三六協定)が定めた月50時間を超え、平成27年10~12月に3時間30分~19時間23分の時間外労働をさせたとしている。

 山本社長は弁護側の被告人質問で「特に高橋まつりさんの件については、責任は極めて重いと感じている。ご本人と遺族に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。改めておわび申し上げる」と述べた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 電通社長「社長として責任。心からおわび」 初公判で起訴内容認め、謝罪 罰金50万円求刑
  • 電通社長「社長として責任。心からおわび」 初公判で起訴内容認め、謝罪 罰金50万円求刑

関連トピックス

「ニュース」のランキング