産経ニュース

同僚弁護士にカッターで切りつけた女 東大出身、ヤメ検…華麗なる経歴の弁護士がなぜ? 氏名や住所も黙秘

ニュース 社会

記事詳細

更新


同僚弁護士にカッターで切りつけた女 東大出身、ヤメ検…華麗なる経歴の弁護士がなぜ? 氏名や住所も黙秘

 「ヤメ検」を売りにする弁護士が増えているが、実は法曹関係者には苦言を呈する人がいるのも事実だ。

 曰く「経歴目当てなのか、任官してもさっさと辞めてしまう。数年では刑事事件の修羅場なんてほとんど経験していない」「面倒な仕事や上司との軋轢があると、すぐに辞めてしまう」。西川容疑者はイソ弁(居候弁護士、法律事務所で所属弁護士として勤務すること)の経験がないようだ。

 そういえば民進党のジャンヌ・ダルクといわれ、幹事長ポストを打診されながら、週刊文春に不倫疑惑をすっぱ抜かれ、離党した山尾志桜里氏(43)も元検事で知られる。東大法学部を卒業後、平成16年に検事任官。東京、千葉、名古屋地検岡崎支部に勤務し、同19年に退官。その2年後に政治家に転身した。短期間ながら検察庁に勤めた「ヤメ検」だ。

 この人も名門中高の東京学芸大付属に通い、親は医師。輝かしい経歴。偶然だろうが…。(WEB編集チーム)

 

「ニュース」のランキング