産経ニュース

茨城県で偽造在留カード摘発が過去最多 不法滞在・就労の横行懸念 昨年11件 県警「雇用主はしっかり確認を」 

ニュース 社会

記事詳細

更新


茨城県で偽造在留カード摘発が過去最多 不法滞在・就労の横行懸念 昨年11件 県警「雇用主はしっかり確認を」 

 県警は「雇用主はカードをしっかりと確認し、もし不審な点があったら警察か入管に相談してほしい」と呼びかけている。

 ■在留カード 3カ月以上、日本に在留する外国人の身分証明書で、本人の氏名▽国籍▽生年月日のほか、「永住者」「日本人の配偶者等」「留学」「企業内転勤」「技能実習」などの在留資格が明記されている。平成24年7月から、それまでの外国人登録証明書に代わって発行されている。

「ニュース」のランキング