産経ニュース

秋田駒ケ岳で火山性地震、4時間に129回 推移に注意呼び掛け

ニュース 社会

記事詳細

更新


秋田駒ケ岳で火山性地震、4時間に129回 推移に注意呼び掛け

14日の秋田駒ケ岳(国土交通省湯沢河川国道事務所のカメラから) 14日の秋田駒ケ岳(国土交通省湯沢河川国道事務所のカメラから)

 仙台管区気象台は14日、秋田、岩手両県境にある秋田駒ケ岳で火山性地震が通常時より増え、午前8時から正午までの4時間に129回発生したと発表した。他のデータに特段の変化はなく、噴火警戒レベルは「活火山であることに留意」を示す「レベル1」で変わらないが、今後の推移に注意を呼び掛けている。

 マグマや熱水の移動を示すとされる火山性微動は観測されず、地殻変動にも変化はみられない。女岳(めだけ)では14日、高さ10メートルの噴気を観測しているが、これまでと比べて大きな変化はないという。気象庁は15日に火山機動観測班を派遣して調査を行う。

 秋田駒ケ岳では昭和45~46年に中規模のマグマ噴火が起こり、溶岩流が流れた。

「ニュース」のランキング