産経ニュース

自動操縦解除、気付かず墜落 陸自機事故調査

ニュース 社会

記事詳細

更新


自動操縦解除、気付かず墜落 陸自機事故調査

 陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌市)のLR2連絡偵察機が5月、北海道北斗市の山中に墜落し、乗員4人が死亡した事故で、陸自は13日、乗員が自動操縦の解除に気付かず、周囲が雲に覆われていたため、降下していると認識しないまま山腹に衝突したとする調査結果を公表した。高度計を十分確認しなかったことも原因に挙げた。

 陸自によると、事故は5月15日午前11時48分44秒ごろに発生。約30秒前に高度千メートル余りで操縦士が管制官と通話した際、自動操縦が解除された。通話時には操縦桿(かん)にあるボタンを押す必要があり、近くの自動操縦を解除するスイッチに触れた可能性があるという。

 ボイスレコーダー(音声記録装置)には、自動操縦の解除や地面への接近を警告するアラームが鳴り、機首を上げることを指示する音も残っていた。

「ニュース」のランキング