産経ニュース

【主張】朝鮮学校「棄却」 北礼賛に理解は得られぬ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【主張】
朝鮮学校「棄却」 北礼賛に理解は得られぬ

 朝鮮学校を高校授業料無償化の適用対象外とした国の措置について、東京地裁は適法とする判断を示した。朝鮮総連と密接な関係にある学校の実態を踏まえた極めて常識的な判断だ。

 同種訴訟が全国5カ所で起こされ、先行の広島地裁は「適法」、大阪地裁は「違法」として判断が分かれていた。東京地裁は、支給要件である「適正な学校運営」に照らして対象から外した文部科学大臣の裁量権を認め、原告側の訴えを退けた。

 朝鮮学校と朝鮮総連の関係については教育内容や人事、財政に影響が及んでいることを認めた。公安調査庁や警察庁の調査、朝鮮総連のホームページの記載などから総合的に判断したものだ。

 過去の判例から、朝鮮学校が総連の地方本部の傘下組織のようになっている例のほか、朝鮮学校を利用して資金集めが行われている疑いも指摘した。カネがどこへ行くか分からないまま、公費を投じる方がどうかしている。

 この問題を「子供に罪はない」などとして教育の機会均等にすり替え論じることこそおかしい。判決は民族教育を否定しているのではない。広島地裁判決も支給要件は合理的で「民族を理由としたものではない」と認めている。

続きを読む

「ニュース」のランキング