産経ニュース

無罪の社員、2審即日結審 シンドラーエレベータ事故

ニュース 社会

記事詳細

更新


無罪の社員、2審即日結審 シンドラーエレベータ事故

  東京都港区のマンションで平成18年、住人の男子高校生がエレベーターに挟まれ死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われ1審で無罪となった製造元のシンドラーエレベータ(現オーチス・エレベータサービス)社員、原田隆一被告(48)の控訴審初公判が13日、東京高裁であり即日結審した。判決は来年1月26日。

 検察側は「1審はおよそ考えられない証拠評価をした」と主張し、機械工学の専門家を証人尋問するよう求めたが、秋葉康弘裁判長は退けた。弁護側は控訴棄却を求めた。

「ニュース」のランキング