産経ニュース

前山梨市長望月清賢被告の保釈決定 職員採用汚職 東京地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


前山梨市長望月清賢被告の保釈決定 職員採用汚職 東京地裁

 東京地裁は13日、山梨県山梨市の職員採用試験を巡る汚職事件で、受託収賄罪などで起訴された前市長、望月清賢被告(70)と、贈賄罪で起訴された同県甲州市立中の元校長、萩原英男被告(57)の保釈を認める決定をした。

 保釈保証金は望月被告が300万円、萩原被告は200万円で、納付は確認されていない。

「ニュース」のランキング