産経ニュース

O157で5歳女児重体、2人重症 埼玉・熊谷のスーパー販売のポテトサラダ食べる

ニュース 社会

記事詳細

更新


O157で5歳女児重体、2人重症 埼玉・熊谷のスーパー販売のポテトサラダ食べる

食彩館マルシェ籠原店のチラシに掲載されていたポテトサラダ。現在は販売されていない 食彩館マルシェ籠原店のチラシに掲載されていたポテトサラダ。現在は販売されていない

 埼玉県は21日、同県熊谷市拾六間のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」で買ったポテトサラダを食べた6人が腸管出血性大腸菌O157に感染し、うち女児(5)が溶血性尿毒症症候群(HUS)で意識不明の重体、男児(4)と女性(60)が重症になったと発表した。いずれも入院中で、退院のめどは立っていない。

 県によると、ポテトサラダは、でりしゃす籠原店が県外の食品加工工場から仕入れ、ハムやリンゴをまぜて販売していた。県は同店を21日から3日間の営業停止処分とした。

 14日に群馬県から埼玉県に「群馬県内の医療機関に入院中の埼玉県内在住の患者からO157が検出された」と連絡があり、埼玉県が調べていた。

 7日に販売された「ハムいっぱいポテトサラダ」と8日に販売された「リンゴいっぱいポテトサラダ」を食べた埼玉県内居住の4~60歳の8人(男性4人、女性4人)が腹痛などを訴えた。

 食彩館マルシェ籠原店とでりしゃす籠原店を経営するフレッシュコーポレーション(群馬県太田市)は「発症された皆様とそのご家族の方々、また日頃よりご利用頂いているお客様や関係者皆様に、多大なご迷惑とご心配をおかけいたしましたこと、心より深くお詫び申し上げます」とするコメントを発表した。

続きを読む

このニュースの写真

  • O157で5歳女児重体、2人重症 埼玉・熊谷のスーパー販売のポテトサラダ食べる

「ニュース」のランキング