産経ニュース

【平成30年史 変容する犯罪(4)】「人を殺さない自分になりたい」「空虚な自分を埋める」…少年事件、無差別大量殺人の背景に現代社会のひずみ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【平成30年史 変容する犯罪(4)】
「人を殺さない自分になりたい」「空虚な自分を埋める」…少年事件、無差別大量殺人の背景に現代社会のひずみ

理不尽な動機の事件も相次ぎ、秋葉原無差別殺傷事件では休日の歩行者天国が狙われた =平成20年6月8日、東京・秋葉原 理不尽な動機の事件も相次ぎ、秋葉原無差別殺傷事件では休日の歩行者天国が狙われた =平成20年6月8日、東京・秋葉原

 今年7月下旬。平日の昼過ぎにもかかわらず、東京・秋葉原は多くの人が行き交っていた。交差点では、信号待ちの買い物客が歩道からはみ出すように膨れ上がり、あの日の惨状は幻のようだ。「この辺りも随分、変わったな」。毎年、事件の日に訪れている元警視庁捜査1課理事官の石川輝行氏がつぶやいた。

 平成20年6月8日午後1時過ぎ、事件担当の管理官として現場に到着した石川氏が目にしたのは凄惨な光景だった。交差点内に何人も倒れ込み、救急隊があわただしく動き回っていた。「こっちに担架!」と声が上がる。広範囲に散らばる血痕。救急搬送される男性の一人には重症度を識別するためのトリアージタグがつけられていた。石川氏が見たタグの色が「救命の見込み困難」を示すことは後日知った。

 蒸し暑い日だった。歩道の人々は息をのんで救命活動を見守っていた。石川氏は、立ち入りが禁じられた交差点が妙に広く見えたことを覚えている。

 当初、聞いた情報は「車に人がはねられた。刺された人もいる」。未曽有の事態に情報が錯綜する中、「どんな現場でも初動捜査の基本は同じ」と、捜査員らを死傷者の把握や目撃情報の収集にあたらせた。

 加藤智大死刑囚(34)が歩行者天国でにぎわう交差点にトラックで突っ込み、逃げ惑う通行人を刺した秋葉原無差別殺傷事件。わずか数分の犯行による死傷者は17人に上った。

                 ■ ■ ■

 13年に児童8人が殺害され、15人が重軽傷を負った大阪教育大付属池田小事件。20年に通行人など8人が殺傷された茨城県土浦市の無差別殺傷事件。相次ぐ事件は、社会を震撼させながらも、刃の矛先を変えて繰り返されてきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「人を殺さない自分になりたい」「空虚な自分を埋める」…少年事件、無差別大量殺人の背景に現代社会のひずみ
  • 「人を殺さない自分になりたい」「空虚な自分を埋める」…少年事件、無差別大量殺人の背景に現代社会のひずみ

関連ニュース

「ニュース」のランキング