産経ニュース

御巣鷹慰霊の日 全日空機が羽田に緊急着陸 「酸素マスクが下りてきた」「バンと音がして上昇中にも異音が…」 SNSに続々書き込み

ニュース 社会

記事詳細

更新


御巣鷹慰霊の日 全日空機が羽田に緊急着陸 「酸素マスクが下りてきた」「バンと音がして上昇中にも異音が…」 SNSに続々書き込み

酸素マスクが下りている全日空37便の機内=12日午後(Hatenaブログ「陸マイラーのぼやき」から転載) 酸素マスクが下りている全日空37便の機内=12日午後(Hatenaブログ「陸マイラーのぼやき」から転載)

 「個別のアナウンスは一切ありませんでした。数分経過し、1836頃に客室からの機内アナウンスが入り、その後機長からのアナウンスで、与圧系の異常▽安全高度になったのでマスクを外して可▽羽田に引き返すとの説明があり、その後、客室乗務員から乗客に右手をあげるように指示があり、意識確認をしてまわっていました。プラスチックが焦げるような匂いもしてきました」と緊迫の様子を記す人もいた。

 機内アナウンスをツイッターに投稿した人の動画には、「ただいま緊急降下中です。マスクを強く引いてつけてください。ベルトを締めて下さい。タバコは消して下さい」という機械的な男性の声のアナウンスが流れるなか、酸素マスクが下りている機内の様子が分かる。乗客は皆、冷静で、時折、赤ちゃんとみられる声が聞こえるほかは静かだった。キャビンアテンダント(CA)がどこかと機内電話で連絡を取っている姿も映っていた。

 「ANA事故で離陸したけど無事に羽田Uターンして来た…!!酸素マスク落ちて来た時には死ぬかとおもった」と恐怖の体験をつづった投稿もあった。

 「CAさんが落ち着いてアナウンスしてくれたからよかった」

 「JAL123の墜落事故が起きた8/12の同じ時間帯、同じ航路(羽田→伊丹)、トラブル発生場所も伊豆半島上空とか…。ANA37のトラブル。無事羽田に戻れてよかった」

 機内に火災などの発生はなく、乗員乗客約270人にけがはなかった。

(WEB編集チーム)

このニュースの写真

  • 御巣鷹慰霊の日 全日空機が羽田に緊急着陸 「酸素マスクが下りてきた」「バンと音がして上昇中にも異音が…」 SNSに続々書き込み

「ニュース」のランキング