産経ニュース

【山梨市長逮捕】望月清賢山梨市長が辞表提出 職員不正採用事件

ニュース 社会

記事詳細

更新

【山梨市長逮捕】
望月清賢山梨市長が辞表提出 職員不正採用事件

山梨県山梨市の望月清賢市長 山梨県山梨市の望月清賢市長

 山梨県山梨市の職員不正採用事件で、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで警視庁に逮捕された市長の望月清賢容疑者(70)が辞意を固め、代理人を通じて12日、市議会議長に辞表を提出し受理された。

 市議会は辞表の提出を受けて全員協議会を開催し、辞職の可否を審議する臨時会の日程を決める方針。

 望月容疑者は、昨年に実施した市職員の採用試験で、特定の受験者を合格させるため、点数を水増しして虚偽の書類を作成するなどした疑いで逮捕された。

 今年7月には元妻の石材会社社長治美被告(61)が、埼玉県の知人男性に架空の投資話を持ち掛け約3億7千万円をだまし取ったとして詐欺罪で起訴された。

 元妻の事件を受け、望月容疑者は自身の関与を否定した上で「職責を全うするのが責務」と述べ、2018年2月の任期満了まで市長を務める考えを示していた。

 望月容疑者は14年2月に山梨市長に当選し、現在1期目。

「ニュース」のランキング