産経ニュース

佐原船頭事故死 関係者「考えられぬ」 運行、当面は自粛

ニュース 社会

記事詳細

更新


佐原船頭事故死 関係者「考えられぬ」 運行、当面は自粛

観光船の船頭が死亡する事故のあった小野川に架かる橋=千葉県香取市佐原(長谷裕太撮影) 観光船の船頭が死亡する事故のあった小野川に架かる橋=千葉県香取市佐原(長谷裕太撮影)

 佐原地区では、14日に小野川に灯ろうを流す「夢灯ろう流し」が予定されている。古い商家の女将で作る佐原おかみさん会会長の岡沢真記子さんは「イベントには船も協力してもらっていた。気持ちの整理がつかない」と衝撃を受けた様子。呉服店の平塚智子さんも「船は佐原の名物。なるべく早く運行を再開してほしい」と話していた。

 船を運行する町おこし会社「ぶれきめら」の久保木一三社長(65)は取材に対し、「男性の遺族や、地域に迷惑をかけて申し訳ない」と陳謝した。久保木社長によれば、死亡した男性は約2年前から船頭として働いていたという。船の運行は12日以降、しばらく自粛し、再開時期は未定といい、「再開できるまで、一から考え直していきたい」と話した。

「ニュース」のランキング