産経ニュース

【平成30年史 変容する犯罪(3)】電話1本…ヤミ金撲滅が生んだ「オレオレ」 挫折エリートが詐欺を効率化 アジトには水溶液入りバケツ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【平成30年史 変容する犯罪(3)】
電話1本…ヤミ金撲滅が生んだ「オレオレ」 挫折エリートが詐欺を効率化 アジトには水溶液入りバケツ

特殊詐欺の被害額の推移 特殊詐欺の被害額の推移

 「騙(だま)されるやつらは、どうせいつかどこかで騙される。じゃあ先に騙したほうがいいでしょう」

 男は冷たい笑みを浮かべながらこう言い放った。

 年齢は40代。待ち合わせ場所には運転手付きの高級セダンに乗って現れた。

 投資家として活動し、億単位の資産を所有するが、その原資となったのは過去の「裏仕事」で得た金だ。

 男は指で電話をかけるしぐさを見せながら、悪びれるそぶりも見せずに言った。

 「OSですよ、OS」

 「OS」とは仲間内で使う隠語で、「オレオレ詐欺」を意味するという。

 平成16年に警察庁が改称し、「振り込め詐欺」と呼ばれることになった詐欺の一形態だ。

 未公開株や社債への投資、融資保証金、還付金-。あの手この手で、高齢者らから電話1本で現金を騙し取るこの犯罪は、やがて「特殊詐欺」と総称されるようになり、被害は瞬く間に広がった。

 男は、その勃興期に自ら詐欺グループを率いた。現代社会に登場した“巨大犯罪市場”が生み出された現場に身を置き、その拡大の過程をつぶさに見てきた。

                ■ ■ ■

 警察庁によると、警察当局が特殊詐欺の被害を最初に確認したのは15年。

 その年の被害総額は約43億2000万円だったのが、25年には約489億5000万円にまで膨れあがった。

 10年間で被害が10倍以上に激増した犯罪の源流をたどっていくと、ある事件に行き着く。

 警視庁などが15年1月、東京・新宿のヤミ金融業者を出資法違反(高金利)の疑いで摘発したことに端を発する「五菱会事件」だ。

 違法な高金利を客から徴収していた業者が、資金を指定暴力団山口組系2次団体「五菱会」(当時・清水一家に改称)に還流させていた事件である。

 事件を契機として警察当局はヤミ金融業者への取り締まりを強化。ヤミ金融が退潮していった一方で、目立ち始めたのが特殊詐欺の被害だった。

 この時期が重なっていたのは、偶然ではない。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング