産経ニュース

千葉県警、自動車盗事件でGPS捜査を中止 各地の裁判所で適否めぐる判断分かれ

ニュース 社会

記事詳細

更新


千葉県警、自動車盗事件でGPS捜査を中止 各地の裁判所で適否めぐる判断分かれ

 千葉県警が昨年、全国で初めて裁判所の令状を取り、捜査対象者が使う車に衛星利用測位システム(GPS)端末を取り付けた自動車盗事件で、昨年末までにGPSの使用を中止していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、県警は令状取得後、車に端末を取り付けるなどして捜査したが、各地の裁判所でGPS捜査の適否をめぐる判断が分かれ、警察庁と協議して取りやめたという。その後の今年3月、最高裁が令状なしのGPS捜査は違法との初判断を示した。

 県警は昨年、GPS端末を取り付ける際に無断で私有地に入らないことや、事後に使用を本人に伝えることなどを条件に令状を取得した。3月の最高裁判断は令状取得が必須と指摘したほか、新たな立法措置を求めた。警察庁はこの判断を受け、GPS捜査を控えるよう通達した。

「ニュース」のランキング