産経ニュース

【平成30年史 変容する犯罪(1)】ストーカー事件多発 あらゆる通信手段を規制対象にと訴えるも対応に遅れ 「『助けて』という人を守れる国にして」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【平成30年史 変容する犯罪(1)】
ストーカー事件多発 あらゆる通信手段を規制対象にと訴えるも対応に遅れ 「『助けて』という人を守れる国にして」

ストーカー事案の相談等件数 ストーカー事案の相談等件数

 「出所後、今度こそ殺しにくるのではと一生恐怖を感じて生きることになる。死んでしまってほしい」

 2月、東京地裁立川支部の101号法廷。遮蔽用のついたて内で、被害者女性がそう述べた瞬間、被告人席の男が叫んだ。「じゃあ殺せよ!」。裁判長から退廷を命じられ、ついたて脇を通る際、男は今度は子供をあやすような口調で「殺すわけがないだろう?」と語りかけた。その後、女性の声は震え続けた。

 女性は芸能活動をしていた女子大生、冨田真由さん(21)。昨年5月、東京都小金井市でファンの岩崎(旧姓・岩埼)友宏受刑者(28)にナイフで刺され一時重体となり、かろうじて一命を取り留めていた。岩崎受刑者は殺人未遂罪などに問われ、今年3月、懲役14年6月の実刑判決が確定した。

 岩崎受刑者は事件の約2年前から、冨田さんのブログやツイッターに交際や結婚を求める投稿を執拗に繰り返していた。冨田さんが拒絶しても「諦めない。僕はしつこい」「憎んでほしい。愛している」などと投稿し続け、最終的にブロックされた。恨みに思った岩崎受刑者は事件1週間前にナイフを購入し、自身のブログに「ギターは墓標」「君の努力を全部無駄にする」などと犯行予告とも取れる内容を書き込んだ。

 岩崎受刑者がライブ会場に向かう冨田さんを待ち伏せし、首などに30カ所以上の傷を負わせる凶行に走ったのは、ブロックからわずか3週間後のことだった。

                 ■ ■ ■

 「原点は、詩織です」。黄色いひまわりの花に囲まれ、晴れ着姿ではにかむ女性。平成11年10月、埼玉県桶川市で元交際相手の男らに殺害された猪野詩織さん=当時(21)=の父、憲一さん(67)と母、京子さん(同)は、まな娘の遺影を前に事件後の18年間に思いをはせる。

 詩織さんが殺害された桶川事件が、その後相次いだストーカー事件の原点といえ、その後、ストーカーという言葉が定着した。

続きを読む

「ニュース」のランキング