産経ニュース

東大院生、女子高生のあとつけ抱きついた疑いで逮捕 「研究と真逆のこと…スリルや背徳感」 

ニュース 社会

記事詳細

更新


東大院生、女子高生のあとつけ抱きついた疑いで逮捕 「研究と真逆のこと…スリルや背徳感」 

 女子高生のあとをつけて抱きつくなどしたとして、警視庁荒川署は9日、強制わいせつ未遂の容疑で、東京都文京区西片の東京大学大学院生、福原弘太郎容疑者(34)=邸宅侵入容疑で逮捕=を再逮捕した。「若い女性を見かけてあとをつけたが、抱きついてはいない」などと容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は6月1日夜、荒川区内の路上で、女子高生に後ろから近づき、女性の頭に持っていたトートバッグをかぶせて抱きつくなどしたとしている。女性が悲鳴を上げたため、福原容疑者はそのまま逃走した。

 周辺の防犯カメラの画像などから浮上。今月2日、別の女性のあとをつけて集合住宅に侵入したところを、警戒中の捜査員が邸宅侵入の現行犯で逮捕していた。福原容疑者はあとをつけたことについて「堅苦しい研究と真逆のことをするとスリルや背徳感があり、ストレスが和らいだ」などと話しているという。

「ニュース」のランキング