産経ニュース

【朝鮮学校無償化訴訟】民事訴訟のベテラン 西田隆裕裁判長

ニュース 社会

記事詳細

更新

【朝鮮学校無償化訴訟】
民事訴訟のベテラン 西田隆裕裁判長

大阪地裁=大阪市北区 大阪地裁=大阪市北区

 朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外した処分を取り消した大阪地裁判決で裁判長を務めた西田隆裕氏(55)は、平成2年に裁判官に任官し、数々の民事訴訟を手掛けたベテランだ。西田氏は昭和62年に司法試験に合格。平成18~22年には、最高裁判事を補佐する調査官も務めた。

 平成25年4月、漫才師の中田カウスさんが、週刊現代の記事で名誉を傷つけられたとして、5500万円の損害賠償などを求めた大阪地裁の訴訟で、発行元の講談社などに220万円の支払いを命じる判決を言い渡した。判決理由では「記者が取材源の情報を明らかにせず、真実性を検証できない」と指摘していた。

 大阪・梅田の駅前地下道の拡幅工事に伴い、大阪市に地下道からの退去を命じられた老舗串カツ店による執行停止申し立てでは、27年6月、「行政目的の達成を犠牲にしてまで救済しなければならない損害ではない」として、却下決定を出した。

「ニュース」のランキング