産経ニュース

【相模原殺傷1年】「障害者は人の心失っている」 被告からの手紙、浮かぶ強固な差別意識

ニュース 社会

記事詳細

更新

【相模原殺傷1年】
「障害者は人の心失っている」 被告からの手紙、浮かぶ強固な差別意識

植松聖被告(桐原正道撮影) 植松聖被告(桐原正道撮影)

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺されるなどした事件は、26日で発生から1年を迎えた。これに先立ち、殺人罪などで起訴された元職員の植松聖(さとし)被告(27)が産経新聞の取材に手紙で応じ、「意思の疎通が取れない人は安楽死させるべきだ」などと障害者に対する差別意識を一方的に正当化した。遺族らへの謝罪は一切なかった。

 産経新聞は6月下旬、横浜拘置支所(横浜市港南区)に収監されている植松被告へ質問状を送付。今月12日、便箋5枚にわたる約2千字の手書きの手紙が返送されてきた。

 植松被告は手紙の冒頭、「私は意思疎通がとれない人間を安楽死させるべきだと考えております」と独自の主張を展開。「世界には“理性と良心”とを授けられていない人間がいます」などとし、「人の心を失っている人間」を「心失者」と呼んでいることを明らかにした。「シンシツシャ」とふりがなが振られており、障害者を指しているとみられる。

 やまゆり園に平成24年から約3年間勤務していた植松被告は、入所者について「多種多様な個性」があるとした上で、入所者の行動を「奇声をあげて走りまわる者、いきなり暴れ壊す者」などと表現。「最低限度の自立ができない人間を支援することは自然の法則に反する行為です」と持論を述べ、勤務経験から「彼らが不幸の元である確信をもつことができました」と差別的思想を持つに至った経緯も記した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「障害者は人の心失っている」 被告からの手紙、浮かぶ強固な差別意識

「ニュース」のランキング