産経ニュース

ヒアリ 東京港でさらに100匹超 名古屋でも「疑い」50匹超

ニュース 社会

記事詳細

更新


ヒアリ 東京港でさらに100匹超 名古屋でも「疑い」50匹超

大井ふ頭で確認されたヒアリ(東京都提供) 大井ふ頭で確認されたヒアリ(東京都提供)

 環境省は7日、東京港の大井ふ頭で南米原産の強毒のヒアリ1匹が見つかったコンテナ内で、さらに100匹超が見つかったと明らかにした。いずれも働きアリとみられ、その場で殺虫剤をかけて駆除した。

 名古屋港で陸揚げされたコンテナからも同日、ヒアリの疑いがあるアリが50~100匹見つかった。環境省に検体を送り、ヒアリかどうか確認を進めている。

 環境省によると、東京港のヒアリはコンテナ内のベニヤ板で見つかった。板のすきまにほかにも潜んでいる可能性が高いとして、毒入りのえさをコンテナ内に置くなどの対応を取った。

 コンテナは中国と香港を経由し、6月27日に大井ふ頭で陸揚げされた。30日には千葉県君津市に陸送され、中身が取り出された。コンテナが大井ふ頭に返却された後の7月3日、内部を点検していた業者がヒアリ1匹を見つけていた。

このニュースの写真

  • ヒアリ 東京港でさらに100匹超 名古屋でも「疑い」50匹超

「ニュース」のランキング