産経ニュース

「夫殺した」女の申告確認せず 警視庁が死体遺棄事件見逃しか 妄想と判断、埼玉県警が逮捕

ニュース 社会

記事詳細

更新


「夫殺した」女の申告確認せず 警視庁が死体遺棄事件見逃しか 妄想と判断、埼玉県警が逮捕

 警視庁は6日、さいたま市の50代の女が6月、「夫を殺した」と同庁の警察署や交番に申し出たにもかかわらず、対応した署員らが事実確認を怠って帰宅させていたと発表した。女はその後、埼玉県警に死体遺棄容疑で逮捕された。

 同庁によると、女は6月9日に東京都北区の赤羽駅前交番を訪れ「旦那を殺した」と申告。対応した60代の男性相談員は赤羽署へ行くよう促しただけで、署への連絡などの措置はとらなかった。女は約30分後に赤羽署を訪れたが、対応した20代の男性巡査部長は、女の話に一貫性がないことなどから、妄想と判断。上司に報告せずにそのまま帰宅させたという。女は10日未明にも同交番を訪れたが、当直の署員が帰宅させるよう指示したという。

 翌11日、女が持病の治療のために訪れた北区の病院で同様の説明をしたため、病院職員が110番通報した。警視庁を通じて連絡を受けた埼玉県警が女の自宅で夫の遺体を発見、15日に女を死体遺棄容疑で逮捕した。

「ニュース」のランキング