産経ニュース

歓送迎会で自分の腹刺す 埼玉・志木市職員「衝動的に上り詰めてしまった」

ニュース 社会

記事詳細

更新


歓送迎会で自分の腹刺す 埼玉・志木市職員「衝動的に上り詰めてしまった」

埼玉県志木市役所=同市中宗岡 埼玉県志木市役所=同市中宗岡

 埼玉県志木市は4日、居酒屋でカッターナイフを使って自分の腹を刺すなどして迷惑をかけたなどとして、環境推進課の男性主任(53)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、男性は4月、市内で開かれた同課の歓送迎会で、隣に座った男性課長(53)と話した後、近くのコンビニエンスストアでカッターナイフを購入して店に戻り、自分の腹を刺した。

 主任は腹部に刺し傷を負って12日間入院したが、命に別条はないという。その後、心療内科を受診し、現在は自宅療養中。

 市の調べでは、課長は主任に「仕事はきついところもあるかもしれないけど、自分もたくさん経験している」などと激励のつもりで声をかけたが、主任は叱責と受け止めたという。

 主任は市の調べに対し、「パワハラに近いことはなかった」「衝動的に上り詰めてしまった」などと説明している。当時、酒を飲んでいたという。

 志木市の相子知行企画部長は「公共の場で公務員としてふさわしくない迷惑行為を行い、市民の信頼を著しく損ねたことを深くおわびしたい」とコメントした。

 朝霞署は、銃刀法違反にあたる可能性があるとみて捜査している。

「ニュース」のランキング