産経ニュース

アニメ制作会社「ガイナックス」に1億円支払い命令 庵野秀明監督の経営会社が古巣訴えた訴訟

ニュース 社会

記事詳細

更新


アニメ制作会社「ガイナックス」に1億円支払い命令 庵野秀明監督の経営会社が古巣訴えた訴訟

庵野秀明監督(今井正人撮影) 庵野秀明監督(今井正人撮影)

 人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」や映画「シン・ゴジラ」を手掛けた庵野秀明監督(57)が代表取締役を務めるアニメ制作会社「カラー」(東京都杉並区)が、古巣のアニメ制作会社「ガイナックス」(東京都武蔵野市)に貸し付けるなどした約1億円の支払いを求めた訴訟の判決が23日、東京地裁立川支部であった。水野麻子裁判官は請求通り全額の支払いを命じた。仮執行も認めた。

 ガイナックスは控訴せず、判決は確定する見通し。カラーは「コメントは差し控える」とした。

 判決などによると、ガイナックスは庵野監督が平成19年に退社するに当たり、監督の作品で得た収入から使用料を支払う契約をカラーと締結。さらにガイナックスは26年8月、カラーから1億円を借り入れた。使用料の支払い、借金の返済が滞ったため、提訴した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング