産経ニュース

7200万円脱税疑い 川崎の土木業者を告発

ニュース 社会

記事詳細

更新


7200万円脱税疑い 川崎の土木業者を告発

 法人税など計約7200万円を脱税したとして、東京国税局が法人税法違反などの疑いで川崎市高津区の土木業「人力」と前代表取締役の高木卓也氏(60)を横浜地検に告発したことが関係者への取材で22日、分かった。

 関係者によると、高木氏は平成27年3月期までの2年間、架空外注費を計上するなどし、所得を約2億円少なく申告して法人税約5000万円を免れたほか、消費税を過大に控除して約2100万円を脱税した疑いが持たれている。

 隠した資金は関係会社への貸し付けなどに回していたという。

 人力の島添義美社長(56)は取材に対し「修正申告し、今年12月までに納税を完了する見込みだ」と答えた。

 人力は2年10月設立。信用調査会社によると、地盤改良工事を中心に請け負っており、東日本大震災の復興事業や東京オリンピック関連の工事受注で売り上げを伸ばしていた。

「ニュース」のランキング